◆ 超音波探傷検査について

超音波探傷試験はパルス発信機、探触子、受信機、表示部で構成される機器を用いて検査を行います。

探触子は試験体表面に超音波を発信したり受信したりするもので、物体内部に伝搬した超音波は、

試験体に傷がなければ底面で反射して戻ってきた超音波(エコーと呼ばれる)を受信するが、

内部に傷や異物があると、そこで反射したエコーが検出されます。

原子力プラントの金属材料や溶接部の検査、また、維持基準による評価の対象となるキズを精度良く検出するために

超音波探傷試験(UT)が利用されています。

 

 

 

◆ 超音波探傷検査(UT検査) の特徴

・ 金属の溶接部、鍛造品などの内部の状況確認に適用できます。

・ 超音波の進行方向に率直な面状きず(割れなど)を検出することができます。

・ 粗粒材(オーステナイト系網、鋳造品)および、鉛は使用することができません。

 

◆ 垂直探傷法

垂直探傷法で超音波を探傷面に対して垂直に送受信します。 すると正常な部分は、ブラウン管に底面のエコーだけが現れますが、キズがあると底面のエコーの前にキズのエコーが現れます。 位置は、超音波の伝搬速度(音速)と反射波が戻ってくるのに要した時間の関係から求められるため、垂直探傷法は鋼板などの検査に適しています。

◆ 斜角探傷法

斜角探傷法では、超音波を探傷面に対して斜めに送受され、主に溶接部や鋼管等に使用されます。 キズがある場合はエコーが現れ、エコーの高さは入射角などに依存します。 試験体に向かって探触子を前後に走査して、探触子からでた超音波ビームを直接キズに当てて、底面で反射した超音波ビームを当てる反射法です。 これらを併用することにより、広い範囲を検査することがでます。 キズの位置はビームの入射角度と路程から求めることができ、エコーの高さや広がりから欠陥の性状を推察することがでます。

 

◆ 欠陥検出事例

 

◆ 超音波厚さ測定について

超音波肉厚測定器の探触子という部分を管の外面にあてて、配管の残存肉厚を測定します。

この探触子から流した超音波が、どれくらいの時間で返ってくるのかを計測します。

その時間から物質内部での超音波の移動距離を割り出します。これによって物体の厚みを測定します。

その後、採取したデータからの残存肉厚の断面図等をもとに、現在の劣化状況を確認することができます。

また、配管の経過年数に基づき、残存寿命(年数)を知ることもできます。

 

◆ 浸透探傷試験とは

赤色や蛍光の浸透性のよい検査液を用いて、表面の割れやキズ、ブローホールなどを検出する非破壊検査方法です。

表面に開口したクラック(きず)であれば、検出できるため広く利用されている方法です。

浸透液の色(観察条件)と浸透液の除去方法により、次の種類があります。

 

 

◆ 浸透探傷試験の種類

浸透探傷試験の種類 試験の特徴
溶剤除去性染色浸透探傷試験
(最も広く採用されている方法)

赤色浸透液を除去液で拭取る方法で、部分検査に最適です。
明るいところで検査できるため、電気、水洗設備なども不要で、

現場検査でも最適な方法です。

水洗性蛍光浸透探傷試験
(自動探傷に最適)

蛍光浸透液を水洗除去する方法で、大型検査物、表面の形状の複雑な検査物、

量産部品の自動探傷に適しています。

後乳化性蛍光浸透探傷試験 航空機部品などの一部で使用されています。
溶剤除去性蛍光浸透探傷試験 蛍光浸透液を除去液で拭取る方法です。
微細なきずの部分探傷に最適です。
水洗性染色浸透探傷試験

赤色浸透液を水洗除去する方法で、大型検査物、表面の粗い検査物に適しています。

 

◆ 溶剤除去性染色浸透探傷試験 検査状況写真(工程写真)

 

前処理

浸透処理

洗浄処理

現像処理(観察)

◆ 鉄筋継手部検査(圧接)

鉄筋継手検査とは、鉄筋の継手部にある(圧接・溶接・機械)等の継手部を超音波検査で探傷する検査です。

外観検査は、各基準に則り全数検査いたします。

 

◆ 鉄筋配筋探査

コンクリートの中の鉄筋の位置等を探査する検査です。

コンクリート壁等の改修工事の際、コンクリート内部の埋設物を切断・破壊することのないように、

事前にX線(レントゲン)やレーダ(電磁波)を駆使した装置を使用し、コンクリート内部の状況を確認します。

 

 

◆ 鉄筋探査器 ハンディサーチ

使用分野

・コンクリートアンカー工事 ・コア抜工事 ・電機設備工事 ・空調設備工事 ・ガス工事分野 ・水道工事
・コンクリート構造物改修工事 ・コンクリート建造物調査診断 ・コンクリート橋梁完成検査工事 など

 

ハンディサーチの操作方法

コンクリートの断面を画像として表示するので探査対象に対して直角に交わる方向に操作をします。

鉄筋断面が山形の画像に変わって表示されます。

 

 

ハンディサーチの原理

アンテナから電磁波をコンクリート表面に向けて放射すると、内部に浸透した電磁波は

コンクリートと電気的性質が異なる鉄筋・空洞などから反射され、再びアンテナで受信されます。

 

◆ 磁粉探傷検査(MT検査)

鋼鉄材料等の強磁性体を磁化することにより、きずにより生じた磁極による磁粉の付着を利用して

微細なきずを磁粉により拡大し、容易に肉眼で確認出来るようにする検査方法です。

 

◆ 放射線透過検査(RT検査)

物体に放射線を照射すると、放射線は物体との相互作用(吸収、散乱)によりはじめの強さより弱くなり透過します。

物体の中に空洞などが存在すると健全部との密度の違いにより透過する放射線の量が違ってきます。

その違いをフィルムなどに濃淡として写し出します。

 

 

◆ 外観検査の実施概要

1. 検査方法

外観形状を観察する場合、検査員の目との距離は300mm以内とします。

明るさが不十分な部位を観察する場合は、原則として照明器具を使用します。

 

2. 測定器具

金属製直尺、溶接用ゲージ、アンダーカットゲージ、すきまゲージ、コンベックスルール、限界ゲージ、測定治具

 

3. 検査手順
検査は、まず目視検査を行います。許容差の定められた項目については、

許容差を逸脱していると思われる部位についてのみ測定器を用いて測定するのを原則とします。

測定時における目盛の読取りは、0.5mm単位で読取り記録します。

ただし、アンダーカットゲージ、すきまゲージを用いて測定する場合、0.1mm単位で読取り記録します。

 

4. 検査項目

1 割れ
2

アークストライク

3

切断、開先加工等の加工時のガスノッチ

4

溶接端部溶接不良

5

突き合わせ溶接継手の補強すみ肉溶接サイズ

6

T形突き合わせ溶接継手の補強すみ肉溶接サイズ

7

アンダーカット

8

突き合わせ継手の食い違い

9

仕口のずれ(ダイアフラムとフランジのずれ)

10

ビード表面の不整

11

ピット

12

その他、有害と思われる表面欠陥

 

◆ 外観検査合格例

 

 

◆ 外観検査不合格例

 

◆ プラント検査

プラント検査は、石油精製、石油化学プラント、化学プラント、火力・原子力発電プラント用機器の非破壊検査を致します。

確かな安全の為に、壊れる前に損傷を発見し、早期に補修することとが重要です。

 

◆ プラント検査内容

各種プラント(石油プラント、発電プラント、化学プラント)などに使用される装置、機器、材料の製作時から

建設時までの各種検査、配管等の外面腐食検査を行います。

 

◆ 各種プラントの保守管理

・各種プラント定期開放時の各種検査及び設備診断。

各種プラントの保全工事及び附帯工事

各種プラントの事故・故障時の調査

石油プラントから原子力発電所にいたるまで、各種構造物を破壊することなく、その欠陥や劣化の状況を調べます。

検査は高度な先端技術を駆使し、超音波探傷検査(UT)、浸透検査(PT)、超音波厚さ測定等の資格を有し、

十分な教育と訓練を受けた専門の技術者によって行われます。

 

◆ アンカーボルト長さ測定

平成15年11月に国土交通省は、道路における落橋防止装置等のアンカーボルト定着長さ調査結果

(超音波法による長さ測定)から定着不足があることが明らかになり、

発生防止のためにアンカーボルト全数に対して超音波測定を義務付けた。

その際に、国土交通省は「超音波パルス反射法によるアンカーボルト長さ測定要領」(案)を各地方整備局などに通知し、

それに基づく測定を超音波測定に精通した第三者機関による測定を求めている。

一般に、超音波法によって棒状のものの長さを精度よく測定することは、ある程度の超音波法に対する知識と

デジタル超音波探傷器を用いれば容易と考えられがちだが、測定を行うと必ずしも容易でない場合が少なくない。

物体の中に空洞などが存在すると健全部との密度の違いにより透過する放射線の量が違ってきます。

その違いをフィルムなどに濃淡として写し出します。

 

◆ 超音波法によるアンカーボルト長さ測定

超音波によるアンカーボルトの定着長測定は、超音波探傷器ではアンカーボルトの全長を測定し、

両面にWの数値が表示される。そこで、コンクリート外部に突き出したアンカーボルト部の長さhをスケール等で測定し、

Wからhを引いて定着長Lを求める。

 

 

◆ コンクリートポンプ車超音波探傷(UT)検査マニュアル

1. 目的

UT検査の目的は、コンクリートポンプ車のブーム装置およびアウトリガー装置において、

内面の溶接箇所等浸透探傷法による検査が困難な箇所、突合せ溶接部及び溶接止端部等に発生する

亀裂の有無を検査し、判定することである。

 

2. 検査対象車

UT検査の対象となる車は、厚生労働省労働基準局 安全衛生部安全課長名通達

「コンクリートポンプ車による労働災害の防止について」(H20年7月23日付、基安安発第0723001号)の

記の1に示されている事項が該当するコンクリートポンプ車とする。


3. 検査箇所及び探傷方法

UT検査対象箇所は、厚生労働省労働基準局 安全衛生部安全課長名通達(H20年7月23日付、基安安発第0723001号)

の記の2に示されている検査箇所とし、㈳建設荷役車両安全技術協会(建荷協)のホームページに掲載の

「コンクリートポンプ車 特定自主検査 詳細記録」により指定された検査箇所とする。

◆ サインポール安全確認検査

「サインポール安全確認検査」はサインポールの構造上、最も重要な部分である「支柱」に着目し、サインポールの

支柱全体について、専門の検査員が測定器による非破壊検査を行い、各部の劣化・老朽度合いを計測いたします。

 

本検査・・・サインポールの支柱全体について検査を行います。

支柱の肉厚測定・・・支柱における肉厚を超音波肉厚計を用いて測定します。

腐食部の確認および深さ測定・・・著しい腐食については深さ測定し、残肉を出します。

 

◆ 溶接前鉄骨仮組 第三者検査

建築鉄骨での完全溶込み溶接部には、開先角度・ルート間隔等の規準が日本建築学会により決められています。

鉄骨製作会社の社内検査がしっかりと規準通りになっているかを第三者として溶接前に検査を行う業務です。

又、近年、建築鉄骨製作による、仕口のズレ・食い違い等が厳しくなっております。

溶接終了後に発見して直す場合、コスト、時間、材料の劣化等、非常に作業効率が悪くなります。

そこで、溶接前に第三者の仮組検査が持ち入れられました。